ジャズ入門 on the net|JAZZの名曲・名演を動画で試聴

Jazzの歴史から代表的アーティスト、名演奏、スタンダードナンバー、おすすめの名盤まで―YouTubeの動画を視聴しながら、ジャズを愉しむためのツボをご紹介します。

ジャズ・レーベル(2)―プレスティッジ(Prestige)

今回はブルーノート(Blue Note)に続いてジャズ・レーベルを取り上げる。

 

jazz-cafe.hatenablog.com

 


第二次大戦後、アメリカでは雨後の筍の如く新しいレーベルが次々と誕生し、その中に、後に三大ジャズ・レーベルの一つと称されることとなるプレスティッジ・レコード(Prestige Record)があった。

 

時に1949年、ブルーノートの設立から10年目の出来事である。

 

もっとも、最初に掲げられた看板はニュージャズ(New Jazz)で、程なくしてプレスティッジへとレーベル名が変更されたのである。

 


プレスティッジの設立者はボブ・ワインストック(Bob Weinstock)。

 

十代半ばという若い時からジャズに魅せられ、多くのジャズ・レコードの収集をはじめた彼は、その熱が高じて"Jazz Record Comer"というレコード店を開き、ジャズ・ビジネスの世界へ足を踏み入れ、さらにその後、自らの手でもジャズを生み出したいとの情熱を抑えきれなくなり、レニー・トリスターノ(Lennie Tristano, p)とリー・コニッツ(Lee Konitz)による「サブコンシャス・リー(Subconscious-Lee)」のリリースを以て、レーベルとしての活動を開始した。

 

レニー・トリスターノは一般にはそれほど知られていないが、演奏家・作曲家としての活動に加え、音楽教育の面でも多大な貢献をした盲目のアーティストで、この人物を抜擢したところにもワインストックのを慧眼を見ることができる。

 

 

 

 


プレスティッジ・レーベルの一番の特徴は、何といっても'50年代モダン・ジャズ音源の充実ぶりである。

 

このジャンルのアーティストでプレスティッジからレコードを出していないものは皆無といってよく、マイルス・デイヴィス(Miles Davis, tp)をはじめ、ソニー・ロリンズ(Sonny Rollins, ts)、ジョン・コルトレーン(John Coltrane, ts)、セロニアス・モンク(Thelonious Monk, p)などもこのレーベルから重要な作品をリリースしている他、レッド・ガーランド(Red Garland, p)もプレスティッジの存在なくしては語れない一人である事実を鑑みても、モダン・ジャズの隆盛にプレスティッジが果たした役割は極めて大きなものだったと言うべきだろう。

 


そんなプレスティッジについてよく語られるもう一つの特徴として、レーベルの雰囲気がある。

 

ブルーノートのオーナー兼プロデューサー、アルフレッド・ライオン*1の完全主義に対し、ワインストックは気安く自由な雰囲気のもとでレコーディングを行い、このような環境から、伸びやかさに溢れ、それでいて丁々発止の趣も兼ね備えた、数々の一期一会的名演が生まれ、多彩なアーティストを擁していたこともあって複数のビッグ・ネームをクレジットした競演盤も多い。

 

その録音には、ブルーノートでも手腕を揮ったルディ・ヴァン・ゲルダ*2が当たり、後にジャズ評論家として名を成すアイラ・ギトラー(Ira Gitler)の手になるライナーノーツも、プレスティッジの大きな売りとなった。

 

もっとも、プレスティッジのラフさが悪い方へ出てしまったパフォーマンスや、「ちょっと手抜きが過ぎるんじゃない?」と思わざるを得ないデザインのジャケットも見受けられ、ブルーノートとの対照でおもしろい。

 


もう一つの対照を言うと、ブルーノートがジャズ一本の単独レーベルとして歩んだのに対し、プレスティッジの方は「ニュー・ジャズ(New Jazz)」「スウィングヴィル(Swingsville)」「 ムーズヴィル(Moodsville)」といったサブレーベルを次々と打ち出し、さらに1960年代に入るとブルースやフォークのレーベルまで設立した。

 

しかし、業界の激しい波に抗いきれず、1971年にファンタジー・レコードに吸収され、さらに2005年にはファンタジーがコンコード・レコードに買収されたことにより、プレスティッジはコンコード・ミュージック・グループの一部となるといった栄枯盛衰の経緯は、ブルーノートと共通している。

 


先のブルーノートと同様、プレスティッジについてもその特徴のよく表れているアルバムを三つご紹介して本稿を終えよう。

 


マイルス・デイヴィス(Miles Davis)「Miles Davis And The Modern Jazz Giants」

And The Modern Jazz Giants


ソニー・ロリンズ(Sonny Rollins)「テナー・マッドネス(Tenor Madness)」

Tenor Madness


レッド・ガーランド(Red Garland)「グルーヴィ(Groovy)」

Groovy

 

 

 

 

*1:Alfred Lion

*2:Rudy Van Gelder