ジャズ初心者喫茶|名曲・名演を動画で試聴

Jazzの歴史から代表的アーティスト、名演奏、スタンダードナンバー、おすすめの名盤まで―YouTubeの動画を視聴しながら、ジャズを愉しむためのツボをご紹介します。

演奏形態

ソロ・デュオからトリオ、カルテット、さらにビッグバンドなど、ジャズにおける演奏形態の特徴や、各編成の聴きどころなどをご紹介します。

ソロ、デュオ―シンプル&ピュア―

ジャズにおける演奏形態についての解説は、今回をもってひとまず終えようと思う。これまでは、初回のトリオからカルテット、クインテット、さらにビッグ・バンドと、次第に楽器数の多い編成へと移ってきたが、今回は反対の極にあたるソロ(Solo)とデュオ(Duo)…

ビッグ・バンド―スウィングの華―

ジャズの演奏形態についてのシリーズ、今回はビッグ・バンド(Big Band)を取り上げる。この編成に関しては、あらためて言葉を費やす必要はないかもしれないが、文字通り大きな楽団、多種類・多数の楽器により奏されるジャズをそう呼ぶ。ジャズの100年強の歴史…

クインテット、セクステット―競演の妙―

今回のテーマは、クインテット(Quintet)とセクステット(Sextet)。前二回の記事からご想像頂けるとおり、これらはそれぞれ五重奏、六重奏を指す。カルテットと比較して増えるのは、ほとんどの場合、旋律(melody)を担う楽器で、これがクインテットでは二つ、セ…

カルテット―オーソドックス・スタイル―

前回に続き、演奏形態について述べよう。今回取り上げるのは、カルテット、すなわち四重奏。カルテットは、ジャズにおけるもっともオーソドックスな演奏形態とも言え(特にモダン・ジャズと呼ばれる領域に限れば、そう言明してよいように思う)、ドラムス・ベ…

トリオ―ジャズの基本形―

「ジャズ初心者喫茶(発音し難いな……)」として、さて何から書くのがよいかとつらつら考えたが、まず初めに、何回かに亘って、ジャズ演奏における代表的な演奏形態についてご紹介することにした。今回はその一回目「トリオ(Trio)」。トリオとは、三重奏、すな…