ジャズ入門 on the net|JAZZの名曲・名演を動画で試聴

Jazzの歴史から代表的アーティスト、名演奏、スタンダードナンバー、おすすめの名盤まで―YouTubeの動画を視聴しながら、ジャズを愉しむためのツボをご紹介します。

いつか王子様が(Someday My Prince Will Come)

映画・文学にしろ音楽にせよ、その作品のタイトルを適正かつ味わい深く訳すのが簡単でないことは、あらためて言うまでもないだろう。

 

違和感を禁じ得ないような邦題がまかり通ってしまっている例が遺憾ながら見られるのも、そのためである。

 

そんな中、"Someday My Prince Will Come"を「いつか王子様が」としたのは、仮に原題が訳しやすいものだとしても、日本語の特質を活かした、簡にして要を得た名訳の好例であろう。

 


この、実に洒落た邦題を与えられた楽曲は、元々、1937年にディズニーが公開した同社(そして世界)初の長編アニメ映画「白雪姫(原題:Snow White and the Seven Dwarfs=白雪姫と7人の小びとたち)」の主題歌として作られた。

 

作曲したのはウォルト・ディズニーの専属ピアニストであったフランク・チャーチル(Frank Churchill)、作詞はラリー・モーリー(Larry Morey)である。

 


さて、この曲がジャズ・アーティストに好んで取り上げられるようになったきっかけは、1955年のアルバム「Jhon Williams Trio」ではないかと思う。

 

ここに名の出たジョン・ウィリアムス(Jhon Williams)は、その非凡な技量により将来を嘱望され、スタン・ゲッツ(Stan Getz)のグループにも一時加わっていたにもかかわらず突然消息が途絶えてしまったため、「幻の」と修飾語を付されて呼ばれる白人のジャズ・ピアニストで、スターウォーズの音楽を手掛けた有名なジョン・タウナー・ウィリアムズ(John Towner Williams)、さらにクラシック・ギターの大家ジョン・クリストファー・ウィリアムス(John Christopher Williams)とは別人であることを付記しておく。

 

 

 

 


その後、デイブ・ブルーベック(Dave Brubeck, p)やビル・エヴァンス(Bill Evans, p)、マイルス・デイヴィス(Miles Davis, tp)といったジャズの巨匠たちが、それぞれ独自の味付けで料理して世に問うたことから、ジャズのスタンダードナンバーとして定着したことに加え、ジュリー・アンドリュース(Julie Andrews)、バーブラ・ストライサンド(Barbra Streisand)などの歌声によってポップス界でも同じ地位を確立したのである。

 


このように多種多様なアーティストに取り上げられてきたことから、本曲の詞についてもいくつか(も)のバージョンがあるようだ。

 

それらの内、最もシンプルなものは次のように歌われる。

 

Someday my prince will come

いつか王子様が現れる

Someday we'll meet again

いつかまた会うはずなの

And away to his castle we'll go

そして一緒に彼のお城へ行って

To be happy forever I know

いつまでも幸せに暮らすの

 

Someday when spring is here

いつか春がきたときに

We'll find our love anew

もう一度愛を見つけるの

And the birds will sing

そのとき鳥たちは歌い

And wedding bells will ring

ウェディングベルが鳴るの

Someday when my dreams come true

わたしの夢が叶うのはその日

 


しかしジャズでは、次のようにより細やかな情景の描かれることが多いようだ。

 

Someday my prince will come

いつか王子様が現れる

Someday I'll find my love

愛する人に会えるはず

And how thrilling that moment will be

その瞬間はどんなにすばらしいかしら

When the prince of my dreams comes to me

夢の王子様が本当に現れたら

 

He'll whisper "I love you"

「愛してるよ」ってささやいて

And steal a kiss or two

わたしにそっとキスするわ

Though he's far away

その人はまだ遠くにいるけれど

I'll find my love someday,

いつかきっと見つかるはず

Someday when my dreams come true

わたしの夢が叶うのはその日

 

Someday my prince will come

わたしの王子様の現れるとき

 

まずはこれをヘレン・メリルの歌唱でお聴き頂こう。

https://www.youtube.com/watch?v=LfOplbDbC4Y

 


もう一つは、ビル・エヴァンスによるトリオ演奏。

 

と言っても、定盤中の定盤「Portrait In Jazz」からではなく、敢えて1964年に行われたライブでのパフォーマンスをご紹介して本稿を終えたい。

https://www.youtube.com/watch?v=a73xUcAFd9E