ジャズ初心者喫茶|名曲・名演を動画で試聴

Jazzの歴史から代表的アーティスト、名演奏、スタンダードナンバー、おすすめの名盤まで―YouTubeの動画を視聴しながら、ジャズを愉しむためのツボをご紹介します。

マイ・ロマンス(My Romance)

ジャズ・アルトサックス・プレイヤーが二回続いた後の今回は、スタンダード・ナンバーへ戻って「マイ・ロマンス(My Romance)」をご紹介したい。

 

この曲は、1935年に初演されたミュージカル「ビリー・ローズのジャンボ」の主題歌として、詞はリチャード・ロジャース(Richard Rodgers)、曲はロレンツ・ハート(Lorenz Hart)という黄金のヒットメーカーによって生み出された。

 

本家本元のミュージカルにおいては、グローリア・グラフトンとドナルド・ノヴィスが披露し、1962年公開の映画版では、ドリス・デイがこれを歌っている。

 

その歌詞を拙訳を付して引用させて頂くと――

 

My romance doesn't have to have a moon in the sky

わたしの愛の物語には月なんかいらない

My romance doesn't need a blue lagoon standing by

青い珊瑚礁がすぐそばになくてもいい

No month of may, no twinkling stars

緑輝く5月も、煌めく星もいらない

No hide away, no softly guitars

人目を忍ぶ場所も、優しいギターの音も

My romance doesn't need a castle rising in spain

聳え立つスペインのお城なんかいらない

Nor a dance to a constantly surprising refrain

めくるめく旋律に合わせて踊らなくてもいい

Wide awake I can make my most fantastic dreams come true

目が醒めていたって、わたしはどんな素敵な夢も見られるから

My romance doesn't need a thing but you

わたしの愛の物語には、あなた以外は何もいらない

My romance doesn't need a thing but you

必要なのは、そう、ただあなただけ

 

 

「あなたさえいてくれたら、ありふれた愛の小道具なんか必要ない――」という、皮肉な見方をすればそれ自体陳腐な内容ではあるけれども、そこは何と言っても名手の手になる作品、実に見事に仕上げられている。

 

 


この「マイ・ロマンス」は、ミュージカル、さらには映画を通じて多くの人々の耳を捉えたこともあり、ポピュラーからジャズに亘り数多のカヴァーがなされた。

 

その代表的パフォーマンスとしては、先に「ピアノ(4)―ビル・エヴァンス」においてご紹介したものが有名だが、他にも各アーティストがそれぞれの個性を発揮して、この曲にさまざまな彩を与えている。

 

jazz-cafe.hatenablog.com

 

上のページで挙げたものとともに、次の二つの動画で、それをご堪能頂きたい。

 

https://www.youtube.com/watch?v=Rd-dlunIGGA

 

https://www.youtube.com/watch?v=7Q280CTe3K4