ジャズ初心者喫茶|名曲・名演を動画で試聴

Jazzの歴史から代表的アーティスト、名演奏、スタンダードナンバー、おすすめの名盤まで―YouTubeの動画を視聴しながら、ジャズを愉しむためのツボをご紹介します。

ミスティ(Misty)

今回ご紹介するスタンダード・ナンバー「ミスティ(Misty)」は、私が「ジャズ」と意識して聴いた最初の曲(そして演奏)で、それゆえ一種特別の想いがある。

 

もう数十年も前のことになるが、オーディオ雑誌に掲載されていた記事を読んでジャズに興味をもち、土曜日か日曜日の夜に放送されていた「ゴールデン・ジャズ・フラッシュ」というFMの番組を聴いたところ、一番最初に流れてきたのが、確かこの「ミスティ」だった。

 

音楽は、それを聴いた頃のさまざまな出来事を記憶の底からよみがえらせる強い力をもっているが、この曲は、個人的になかなか想い出の深いその時代に、今でも私をタイムスリップさせてくれる。

 


その名曲「ミスティ」が誕生したのは1954年、作曲者はジャズ・ピアニストのエロール・ガーナー(Erroll Garner)である。

 

ある日、飛行機でニューヨークからシカゴに向かっていたガーナーは、窓の外の霧がたちこめた情景からインスピレーションを受け、瞬間的にこの曲のメロディーが頭に浮かんだという、有名なエピソードが伝えられている。

 

その後間もなく、ジョニー・バーク(Johnny Burke)により詞がつけられ、曲全体を支配するロマンティックなメロディーも相俟って、ポピュラー音楽の世界でも広く一般に知られるようになった。

 

正直なところ、個人的にはヴォーカル曲としての印象は薄いのだけれど、例によって詞の一部を引用・訳出させて頂こう。

 

Look at me

わたしを見て

I'm as helpless as a kitten up a tree

まるで木の上にいる哀れな子猫みたい

And I feel like I'm clinging to a cloud

雲にしがみついているような気持ちなの

I can't understand

どうすればいいのかしら

I get misty, just holding your hand

あなたと手をつなぐだけで、ぼうッとしてしまう

 

walk my way

あなたに出会うと

And a thousand violins begin to play

ヴァイオリンが一斉に鳴り始める

Or it might be the sound of your hello

あなたの「こんにちは」という声は

That music I hear

わたしには素敵な音楽

I get misty the moment you're near

あなたがそばにいるだけで、とても不思議な気分 

 

最後に、作曲者自身によるものと、私のジャズとの邂逅となったRay Bryantの演奏を、いずれもピアノ・トリオでお聴き頂いて本稿を終えたい。

 

https://www.youtube.com/watch?v=AA2_6kS45E0

https://www.youtube.com/watch?v=RbmgUmI3HmI