ジャズ初心者喫茶|名曲・名演を動画で試聴

Jazzの歴史から代表的アーティスト、名演奏、スタンダードナンバー、おすすめの名盤まで―YouTubeの動画を視聴しながら、ジャズを愉しむためのツボをご紹介します。

恋のチャンスを(Taking A Chance On Love)

「恋のチャンスを」あるいはよりシンプルに「恋のチャンス」との邦題をもつ"Taking A Chance On Love"もまた、1940年公開のミュージカル「キャビン・イン・ザ・スカイ(Cabin in The Sky)」に挿入歌として使われた曲である。

 

良妻ペチュニアと悪女ジョージア・ブラウンとの間で揺れ動くリトル・ジョーの物語が、善と悪それぞれの使者の戦いに絡めて展開されるこのミュージカルは、1943年にヴィンセント・ミネリが初めてメガホンをとった作品として映画化され、さらにベニー・グッドマン(Benny Goodman)の吹き込んだレコードが大ヒットしたことで、ジャズのスタンダードナンバーとして確固とした地位を占めるに至った。

 

 

 


ところで、このスタンダードナンバーについては、作曲がバーノン・デューク(Vernon Duke)、作詞はジョン・ラトゥーシュ(John La Touche)とテッド・フェッター(Theodore "Ted" Fetter)とクレジットされている。

 

このように作詞者として二人の名が上がっている理由は、「恋のチャンスを」は元々、デュークとフェッターにより「Fooling Around With Love」という作品として書かれていたものを、「キャビン・イン・ザ・スカイ」の公開直前、曲がもう一つ必要になったことから、詞にラトゥーシェが手を入れて成ったため。

 

その第一コーラスの歌詞を、拙訳を付して引用させて頂くことにしよう。

 

Here I go again

さあもう一度

I hear those trumpets blow again

胸でトランペットが鳴り出した

All aglow again

すべてのものが輝く今

Taking a chance on love

この恋に賭けてみよう

 

Here I slide again

もたもたしないで

About to take that ride again

流れに乗り遅れないようにしろ

Starry-eyed again

目を星のように煌めかせ

Taking a chance on love

この恋に賭けてみよう

 

I thought that cards were a frame-up

トランプさえ八百長だと思っていたから

I never would try

賭けようともしなかった

Now I'm taking that game up

でも人生を賭けるなら今だ

And the ace of hearts is high

ハートのエースは強いのだから

 

Things are mending now

すべてがいい方へ向かっている

I see a rainbow blending now

空には虹までかかっている

We'll have a happy ending now

きっと素晴らしい結果になるさ

Taking a chance of love

だからこの恋に賭けてみよう 

 

 

デュークによる曲も、この詞によくマッチした、非常に明るくノリのよいものとなっている。

 

そのパフォーマンスの一つは、先に「テナーサックス(2)―ズート・シムズ、レスター・ヤング」でもご紹介しているが、ここでさらに二つを挙げて本稿を終えよう。

 

jazz-cafe.hatenablog.com

 

https://www.youtube.com/watch?v=zojVj99LIi8

https://www.youtube.com/watch?v=fX4PUar1TY8